自由活動記

2014年3月22日 第30回「日本酒を楽しむ会」
3月22日に第30回日本酒を楽しむ会を開催しました。
初の熱海での開催でした。参加者20名。
会場は、豚しゃぶのお店「ふくや」様
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

豚しゃぶを含め9品の料理と当店セレクトのお酒を楽しんでいただきました。
会は大盛況で、参加していただいた皆様に楽しんでいただけてよかったです。
お酒ラインナップ
30回記念会でしたのでいいのをセレクトしました。

1.獺祭 純米大吟醸二割三分おりがらみ生酒「正月限定バージョン」
2.賀儀屋 新風純米「SEIRYO FLOWER」おりがらみ生
3.天明 中取り四号純米大吟醸おりがらみ生酒
4.澤姫 大吟醸酒
5.龍勢 純米大吟醸酒50 23BY
6.丹沢山 吟醸生酒たれくち 18BY
7.亀泉 純米原酒 24BY(燗酒)
8.四季桜 きもと純米酒 23BY(燗酒)

見事に全て空になりました。

6の丹沢山は、現在は純米吟醸だけで造られていません。
という貴重なお酒です。いい熟成具合で、大好評でした。



2013年12月14日 第29回「日本酒を楽しむ会」
地元での第29回日本酒を楽しむ会を開催しました。
参加者26名。会場は、鶴亀屋春慶様http://shunkei.com/
すき焼き鍋コースに合わせたお酒8種9本。
出したお酒ラインナップです。
1.賀儀屋 無濾過大吟醸酒 23BY
2.天明 中取り壱号純米生酒おりがらみ 25BY
3.丹沢山 純米吟醸生酒たれくち 24BY
4.手取川 純米大吟醸酒「本流」 24BY
5.澤姫 純米吟醸酒プレミアム2013 24BY
6.百楽門 ひやおろし純米大吟醸生詰原酒 24BY(冷酒と燗酒の2本)
7.天明 「備前雄町」純米大吟醸無濾過生詰酒 24BY
8.山本 赤ラベル純米吟醸生詰酒 中温三年熟成(燗で)

仕込み水は丹沢山と百楽門の二蔵から取り寄せました。

会は大盛況で、用意したお酒も全て空きました。
ご参加していただいた皆様、ありがとうございました!



2013年9月28日 第28回「日本酒を楽しむ会」
9月28日に第28回日本酒を楽しむ会を開催しました。
初の蔵元訪問企画でした。
丹沢山・川西屋酒造店を訪問しての蔵見学&飲み切り会
参加者36名!(県内の横浜や相模原、さらに大宮や千葉からもお越しの方もいてありがたい限り)
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

まずは、二つのグループに分かれての蔵見学。
そのあと飲みきり会で、全部で19種類出ました。(これでも全アイテムじゃないところが恐ろしいw)
冷やと燗酒、それに各自持参いただいたおつまみを合わせてのプチ宴会?
今回は、自分はほとんど飲めず、蔵元のサポート役として、第二お燗番を担当。
第一お燗番では、工場長の米山さんによる燗付け講習会なるものが展開されていた模様。

参加者皆様、それぞれ思い思いに楽しんでいただけてよかったです。
そして酔いつぶれた人、なし!!(若干1名、睡(酔)魔におそわれかけた人いましたが)

次は米山工場長からもお誘いがあったことだし、造りの時期に企画します。
さすがに造りの時期に大人数で行くわけにはいかないので、今回以上にシークレット企画にしようっとw



2013年6月22日 第27回「日本酒を楽しむ会」
6月22日に第27回日本酒を楽しむ会を開催しました。
四季桜の会として、宇都宮酒造様より今井専務兼杜氏と玉山副杜氏にお越しいただきました。
今井さん、玉山さんお世話になりました!
23名の皆様にご参加いただきました。

会は、参加者皆様のおかげで大盛況となり、うれしい限りです。
今回は、料理とお酒の組み合わせが見事に上手くいきました。
用意しましたお酒も全て飲みきっていただき、こちらもうれしい!

お酒のラインナップです。

1.大吟醸酒「柳田の米かもしたて」
2.純米大吟醸酒「今井昌平」
3.特別純米生酒「はなのえん」
4.吟醸生酒「吟醸貴酒」
5.純米大吟醸酒「花宝」
6.特別本醸造酒「はつはな」23BY(ぬる燗で)
7.きもと純米酒 23BY(上燗で)
8.純米吟醸酒 21BY



2013年3月16日 第26回「日本酒を楽しむ会」
第26回日本酒を楽しむ会を開催しました。
会場は、ステーキレストラン源様。
ずっとステーキと日本酒の会を開催したいと思っていて、やっと実現しました。
参加者23名!
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今回は、初参加の方が多かったですね。

日本酒は以下の順に出しました。
1.田酒 純米大吟醸生かすみ酒「古城乃錦」
2.亀泉 CEL-24純米吟醸生原酒
3.丹沢山 ひやおろし純米吟醸生詰酒
4.出羽桜 純米吟醸酒「雄町」 (常温で出しました)
5.千代むすび 「強力」純米吟醸袋取りしずく生酒
6.賀儀屋 KAGIYA SEVEN 純米原酒
7.天明 中取り参号 純米吟醸生酒「亀の尾」

ステーキに合わせたのは、千代むすびと賀儀屋です。
飲み比べていただいたのですが、見事に好みが分かれました。
天明は、最後のシャーベットに合わせたのですが、これも好評でした。

反省点は、海鮮と野菜のソテーの後、ステーキの出てくる時間が空いてしまい、まったり感が漂ってしまったことでしょうか。
これは、自分ではどうしょうもないので、次回開催することがあれば募集人数を減らさないとならないでしょうね。
まあ、会自体は大盛況で皆様に満足いただけたのではないでしょうか。



2012年12月1日 第25回「日本酒を楽しむ会」
第25回 日本酒を楽しむ会を開催しました。
今回は、25回記念ということで純米大吟醸酒を中心にセレクト!
開催場は、報徳はつ花様
久しぶりの蕎麦屋開催でした。

参加者18名!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

出したお酒は順に
天明 中取り伍号 純米大吟醸生酒 おりがらみ 23BY
獺祭 純米大吟醸生酒39 夏仕込み しぼりたて
丹澤山 純米吟醸生原酒 五百万石 
会津中将 純米無濾過生原酒 初しぼり 23BY
開運 ひやおろし純米酒 (燗で出しました)
百楽門 無濾過純米大吟醸原酒 (燗で出しました)
白瀑 純米大吟醸酒 22BY

仕込み水は、丹澤山と百楽門

会は、大盛況でした!
用意したお酒もほぼ全て空になりました。
開運 純米ひやおろしの燗出しに驚きと賞賛の声をいただきました。
こうゆう評価をいただけるとうれしいものです。
今回は、遠方から参加いただいた方が多かったです。
最も遠い方は、はるばる大宮から!
また初参加の方も多くて、ありがたいかぎりです。



2012年7月14日 第24回「日本酒を楽しむ会」
第24回 日本酒を楽しむ会を開催しました。
今回は、愛媛県西条市の伊予賀儀屋醸造元・成龍酒造(株)様より首藤常務をお招きして開催しました。
開催場は、彩酒亭 洞様

当然、お酒は賀儀屋シリーズで8種類9升

参加者25名!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

出したお酒は順に
1.無濾過大吟醸生詰酒
2.切り絵ラベルシリーズ「夏」清涼純米「HANABI」
3.無濾過純米吟醸生原酒「黒ラベル」
4.無濾過純米生原酒「赤ラベル」
5.無濾過純米生原酒「青白グラデーションラベル」
6.無濾過純米大吟醸生詰酒
7.無濾過純米吟醸生詰酒
8.熟成蔵出 無濾過大吟醸原酒2009

2のHANABIは2升用意しました。

会は、大盛況でした!
用意したお酒も全て空になりました。
首藤常務によるそれぞれのお酒の説明も簡潔で分かりやすくとてもよかったと思います。
会の最後に行いました賀儀屋Tシャツ争奪じゃんけんも大盛り上がりで、たまにはこうゆう趣向も大事ですね。
Tシャツ、無事ゲットされた4名の方々おめでとうございます。

今回は、料理の品数が多くて、参加者皆様から大変喜ばれました。
「この料理とお酒で6,000円は安い」と言ってくださる方もいて(1人ではなく数人)、大変うれしいことです。



2012年3月24日 第23回「日本酒を楽しむ会」
3月24日(土)にお堀端通りの松琴楼様にて開催しました。
松琴楼様での開催は、4回目!
(過去3回は第6回、第10回、第17回)
総勢21名の方々にご参加いただきました。

料理は、刺し盛り、肝焼き、白焼き、柳川(うなぎ)、うな重のボリューム満点コース!
この他に付だしとしてイカの塩辛、箸休めに骨せんべいも。

参加者皆様から大変楽しかったと言って頂き、感無量です。
反省点は、お酒の説明不足だった点でしょうか(汗)
特に後半の燗酒に関しては、お燗番に徹してしまったのでほとんど説明できませんでした。
次回の教訓にします!

さて、お酒ですが、一番人気は田酒、次いで龍勢といったところでしょうか。
丹沢山や天明などの熟成酒も好評でした。
全てのお酒それぞれに一押し評価をいただけたこともうれしい!!
やはりお酒の嗜好は人それぞれですね。

開運 特別本醸造生原酒にごり酒 2010
田酒 純米吟醸生酒「古城乃錦」
百楽門 吟造り純米無濾過生原酒
天明 別取り純米無濾過生原酒「おりがらみ」 2006
丹沢山 吟醸生酒「ふなくち」 1998
澤姫 山廃純米無濾過生原酒 (燗で)
帰山 特別純米酒 2008 (燗で)
龍勢 無濾過純米大吟醸酒「ゴールド」 (冷酒と燗両方)

仕込み水は、澤姫と百楽門から取り寄せました。



2011年11月19日 第22回「日本酒を楽しむ会」
11月19日に第22回 日本酒を楽しむ会を開催しました。

会場は小田原市国府津の四季和膳もえり様
http://www.0465.net/omise/moeri/index.html

23名の方々に楽しんでいただきました。

お出ししたお酒は順に

天明 中取り零号純米生酒「おりがらみ」
千代むすび 純米吟醸無濾過生原酒「初しぼり」
四季桜 純米吟醸酒(燗で)
亀泉 純米吟醸生酒「兵庫山田錦」
龍勢 純米生原酒「番外蔵元遊酒」(燗で)
丹沢山 特別純米生酒「雄町六拾」2009(燗で)
千代むすび 純米大吟醸酒「八万八百」2006(燗で)
龍力 特別純米酒きもと仕込み(燗で)
南部美人 大吟醸純米酒「なんぶびじん」2004

仕込み水は、千代むすび酒造様と川西屋酒造店様から仕入れました。

今回は、酒燗機メーカーサンシン様から電気式専用燗どうこをレンタルして、いつも以上に燗酒を楽しんでいただきました。

いつも当会においてアンケートを書いていただいておりますが、今回一番多かった指摘は料理メニューもあったほうがよかったこと。会全体としては、概ね皆様に満足いただけたようでホッと。



2011年8月27日 第21回「日本酒を楽しむ会」
『澤姫』醸造元 株式会社井上清吉商店
専務取締役兼杜氏 井上裕史様をお招きして開催しました。

蔵元様をお招きしての会ということで、総勢27名の方々にご参加いただけました。
会場は、何度もお世話になっております、彩酒亭 洞様

お酒は、当然、澤姫シリーズ8種類、9本!

1.大吟醸 金賞受賞酒
2.特別純米無濾過生原酒
3.特別本醸造無濾過生原酒
 .特別本醸造無濾過生原酒21BY
4.純米吟醸無濾過生原酒
5.きもと純米無濾過生原酒
6.山廃純米無濾過生原酒
7.プレミアム純米吟醸原酒《爽》
8.プレミアム純米吟醸原酒《癒》

洞のマスターの好意で、料理は十品!

蔵元をお招きしての第1回としては、上手くいったのではないかと。
(厳密に言うと2回目なんですけどね・・・第4回開催時に・・・あまり思い出したくないw
もちろん、今回も改善すべき点、もっと努力すべき点はいくつかあります。
あいかわらず、開会の挨拶はグダグダでしたし(何回やっても慣れません。
今回の反省点は今後に生かしたいと思います!



2011年5月28日 第20回「日本酒を楽しむ会」
5月28日に第20回日本酒を楽しむ会を開催しました!
当初は3月19日に開催予定でしたが、大震災やその後の計画停電を考慮して延期しました。
本格始動から丸6年かけて20回目まで達成できました。

会場は PIZZERIA MARZO(ピッツェリア マルツォ)
http://www.marzo1989.jp/

毬華ライブとのコラボレーション企画
http://marihanax.exblog.jp/

総勢32名の方々にお集まりいただきました。
30名オーバーをこなすのは初だったこともあり28日はいつも以上に疲れましたが、参加者皆様の満足そうな笑顔がなによりもうれしい。

会で出された料理は
☆相模湾産 鯵のカルパッチョ徳島産橙酢のジュレ添え
☆カンパチのマリネ生トマトのジュレ添え
☆タコのマリネ サルサベルデ
☆大山地鶏のポルペティーニ野菜のソース パルメジャーノ風味
☆飛騨牛のグリル 季節外れのポルチーにソース
☆窯焼きローストポークローズマリー風味
☆マスのキャビアのブルスケッタ
☆アウルファームの季節の野菜のバーニャカウダ
☆カップレーゼ
☆今年最後の牡蠣のフリット
☆白魚のフリットワイン塩添え
☆これで最後の桜エビのピッツァ
☆マルゲリータ
☆三色のピッツァ
☆アラブ人の様なペンネなど

日本酒は
☆白瀑 純米生酒 どPink
☆百楽門 純米大吟醸生酒「万里」
☆開運 ひやづめ純米 21BY
☆龍勢 特別純米生酒 涼風生生
☆澤姫 山廃純米 真・地酒宣言
☆帰山 純米生貯蔵酒 番外超辛口 21BY
☆天明 大吟醸美山錦「赤の天明」 21BY
☆天の戸 無濾過純米生原酒「美稲80」

次回は、どこか蔵元をお招きして蔵元を囲う会を開催予定です。



2010年12月11日 第19回「日本酒を楽しむ会」
12月11日土曜日に第19回 日本酒を楽しむ会を開催しました。
参加者17名。
参加者皆様がしっかりと時間厳守でお越しくださり、珍しくw、開始予定時刻にスタートできました。
お寿司屋さんでの開催は何度かやっていましたが、今回は地元のお寿司屋「なか寿司」様での初開催でした。
初開催ゆえに、料理の出てくるタイミングが早すぎたりで、かなりあたふたしてしまいました。
予定の順にお酒を出すはずが、料理の出るペースが早すぎたので、順番を変更せざるを得ませんでした。
いやー、それにしても早かったなぁ。
会は3時間の予定だったのですが、開始1時間10分くらいで全ての料理が出揃ってしまうなんてね。

当日のお酒ラインナップ
☆獺祭 純米大吟醸生酒 遠心三割九分 おりがらみ
☆丹沢山 純米吟醸酒 秋上がり 五百万石
☆仙鳴郷 純米無濾過生酒(ぬる燗で)
☆澤姫 きもと純米無濾過生原酒
☆山吹極 純米大吟醸無濾過原酒18BY(ぬる燗で)
☆四季桜 純米大吟醸酒 花宝 4合ビン2本用意
☆亀泉 純米大吟醸生酒 貴賓

今回の人気は、当然、純米大吟醸に集中しましたが、獺祭と四季桜がなくなるの早かったかな。
次いで亀泉、二つの燗酒も好評だったし、まあ上手くいってよかったよかった。

さて次回は年明けのいつにするか決めてないのですが、20回記念会となるのでどうしようか悩んでおります。
思い切って、ステーキに日本酒を合わせるかとも考えてみたり(まずは開催可能な店を発見できるかが問題だな)、蔵元を二つ呼ぼうか、15回同様毬華ライブとコラボするか、とかいろいろ案はあるのですが全くの未定です。



2010年9月11日 第5回「本格焼酎(泡盛)を楽しむ会」
9月11日に第5回 本格焼酎(泡盛)を楽しむ会を開催しました。
会場は、自分の行きつけのお店でもある彩酒亭 洞様。

忠孝酒造のM氏にお越しいただいての会で、大盛況だったことはうれしい限りです。
泡盛だけで開催するのは初めてで不安でいっぱいでしたが上手くいってよかったです。

出した泡盛は順に

1.忠孝 30度 忠孝の基本となる泡盛
2.夢航海 30度 沖縄本島南部で圧倒的シェアを誇る銘柄とのこと
3.翠古 30度 お湯割りで楽しむことができる泡盛
4.三年古酒忠孝 43度 蔵元いわく、一番人気の泡盛とのこと
5.忠孝原酒 44度 マンゴー酵母を用いて造られた泡
6.翠古2001プレミアム古酒 43度 翠古の原酒を研究段階で貯蔵した幻の逸品

会においての一番人気は、5のマンゴー酵母使用の原酒でした。

3の翠古のお湯割りも実際に飲んでいただいて良さを実感していただけたのではなかろうか。
自分自身は、4の古酒をストレート燗でチャレンジ!
皆様にもお試しいただきましたけどかなりよかった(特に燗冷まし! 燗冷ましは1人で楽しんでしまいましたw)


次回は第19回 日本酒を楽しむ会を11月下旬〜12月初旬をメドに開催予定です。
第20回以降、日本酒においても蔵元様をお呼びして開催予定です。
20回記念は、15回記念同様のコラボもいいかも!?



2010年6月26日 第18回「日本酒を楽しむ会」
今回の会場は、錦通りにあるお蕎麦屋さん、「寿庵」
今回で2回目の「寿庵」様開催 (前回は第7回なのでだいぶ前です)
総勢23名の方々にご参加いただきました!

今回のお酒は、8種類
出した順に

1.開運 特別純米生詰酒「涼々」
2.澤姫 純米吟醸無濾過生原酒
3.白瀑 純米大吟醸生原酒
4.丹沢山 特別純米酒 雄町60 ぬる燗で
5.四季桜 大吟醸生酒
6.金亀 純米酒 長寿金亀 白80 ぬる燗で
7.山吹極 純米吟醸無濾過生原酒「亀の尾」
8.丹沢山 純米大吟醸生酒

6と7は当初の予定は逆でしたが、料理に合わせて燗酒を早めました。

人気だったのは5と8です。
まあ、価格的にも妥当なところでしょうね(この2つはあらかじめ予備に4合ビンを用意しておきましたし)
金亀は、好き嫌いがはっきり表れましたけど、予想以上に拮抗していたかな

用意したお酒8升+4合2本、ほぼ全て飲みきっていただけて大満足です。
今回、さらにうれしいことにアンケート回収率が高かったことがあります。
このアンケートでのご意見・ご感想、会継続に非常に役立っております。



2010年2月27日 第17回「日本酒を楽しむ会」
今回の会場は、お堀端通りにあるうなぎ屋さん、「松琴楼」様

第6回、第10回に続いて、今回で3回目の「松琴楼」様開
総勢20名の方々にご参加いただきました!

さて、今回は3回目の「うなぎ」ということで、熟成酒を中心に出させていただきました。
といっても、いきなり熟成酒というわけにもいかないので、1本目と2本目は新酒で

今回のお酒ラインナップ

1.天明 純米吟醸生酒 中取り弐号
2.百楽門 純米大吟醸生酒 万里
3.龍勢 裏龍勢 純米吟醸原酒 2007  ※冷酒と燗酒両方
4.黒牛 純米吟醸酒 2003
5.丹沢山 大吟醸生酒 丹沢の華 2001  
6.千代むすび 純米酒 強力60 2007  ※燗酒
7.千曲錦 鑑評会出品大吟醸酒 2000

料理のタイミングで、5と6を入れ替えてお出ししました(ちょうど、うなぎ版の柳川でしたので)

料理はコース仕立てで
塩辛(つき出しとして)→お刺身盛り合わせ→肝焼き2本→
白焼き200g→うなぎの柳川→うな重200g(肝吸い、漬物付き)
と、普通に食事だけでもかなりのボリューム

そんな中、一番人気は百楽門でした。
ある方からは黒龍のかなりの上物より美味しいと、非常にありがたい高評価。

ご常連の方、新規の方問わずに、大満足してもらえたようで、主催者として大変うれしいことです。



2009年11月28日 第16回「日本酒を楽しむ会」
1月28日に第16回 日本酒を楽しむ会を開催しました。
会場は、彩酒亭 洞
24名(自分入れると25名)の方々にご参加いただきました。
洞は、自分自身の行きつけのお店でもあり、いつかやりたいなと考えていました。って本格焼酎を楽しむ会は全4回ここで行ないましたけど(汗
ご参加いただいた皆様から、楽しかったと伺いホッとしています。
今年もやり遂げたって感じです。

出したお酒は順に
1.獺祭 純米大吟醸酒 遠心三割九分
2.天明 純米吟醸生酒 秋あがり
3.龍力 特別純米無濾過生原酒 雄町 19BY
4.龍勢 吟造り純米中取り原酒 19BY(ぬる燗で
5.天明 大吟醸酒美山錦ビン囲い火入れ
6.亀泉 純米大吟醸生酒 貴賓
7.日下無双 8号酵母純米酒 精米歩合80%(冷と燗両方
8.丹沢山 山廃純米生酒

9.サプライズで、百楽門 どぶろく火入れタイプ19BYをぬる燗
当初予定では、貴賓の後に天明・大吟を考えていましたが、そのときに出てきた料理と次の料理を聞いて、その場にて順番変更

一番人気は、亀泉・貴賓、二番人気は、意外にもサプライズのどぶろく燗、その他は見事に好みが分かれました。
日下無双は、燗はそれなりの評価をいただきましたが、冷やは・・・
まあ、これは予想通りっていやぁ予想通りなんだけどね(笑)
龍勢は、もっと熱めのほうがよかったかも(汗)

あらためまして、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



2009年9月26日 第15回「日本酒を楽しむ会」
今回は15回記念ということで、毬華ライブとのコラボレーション企画!
毬華様は、昭和歌謡をメインに歌われており、これからもずっと残して行きたい伝統美の着物と日本の名曲をアコースティック・スタイルで表現するユニットです。

会場は、第11回でも利用させていただいた、小田原市栢山の「報徳はつ花」様

参加者は20名でした。毬華様の紹介で都内からお越しいただいた方数名、遠く富士市から来てくれた方もおられました。

このようなコラボ企画は初の試みでしたが、大盛況で大成功でした。
やってよかった。

ライブは30分ずつ2回に分けてやっていただき、やはり後半の盛り上がりは最高でしたね。

少しばかりお酒の出し方で問題があったり、反省すべきところは反省しないとね。


お酒のラインナップ(記念回ということで大吟醸が半分を占めています!

1.白瀑 特別純米酒ビン火入れ
2.丹沢山 純米吟醸酒ひやおろし
3.獺祭 純米大吟醸酒 二割三分
4.龍勢 中取り純米無濾過生原酒
5.千代むすび 純米大吟醸酒「八万八百」17BY ぬる燗で
6.田酒 特別純米酒
7.百楽門 純米大吟醸生原酒19BY
8.天明 大吟醸酒「青の天明」15BY



2009年6月13日 第14回「日本酒を楽しむ会」
今回の会場は、小田原市浜町にある「伊勢ずし」様
伊勢ずし様での開催は今回で4回目!最も多く利用させていただいているお店です。

19名の方々にお集まりいただきました。

毎回、設定会費以上の満足を参加者に与えたいなって思いながら、お酒もセレクトしています。

今回のお酒

1.開運 吟醸酒
2.白瀑 純米酒ビン火入れ「秋あがり」
3.獺祭 純米大吟醸酒 遠心分離二割三分
4.仙鳴郷 無濾過純米生酒(冷酒と燗
5.百楽門 特別純米酒「冴」
6.四季桜 吟醸生酒「吟醸貴酒」17BY
7.秀緑 山廃本醸造酒(燗で
8.丹沢山 純米大吟醸生酒

やはり、3と8は高額酒でもあるのであっという間になくなりましたね。
おもしろかったのは、先月から新規で扱い始めた4です。
席には自由に座っていただいたのですが、見事にテーブルごとに好き嫌いが分かれました。
燗が苦手という方、燗が最高という方、燗より冷酒のほうが好みという方、さまざまでした。
これぞ、日本酒の醍醐味なのかもしれませんね。
なんといってもお酒は嗜好品ですからね。

皆様からいただいたアンケートは次に向けての励みにも、改善のための糧にもさせていただく所存です。



2009年3月7日 第13回「日本酒を楽しむ会」
第13回日本酒を楽しむ会を3月7日に開催しました。
今回の会場は錦通りにあるCAFE SIAMESE シャム様
和食以外の料理に日本酒を合わせる初めての会でした。
もともと日本酒は料理を選ばない優れたお酒ということは認識していますが、自分で主催して皆さんに確かめてもらうのは初でした。
これまでも、ずっとイタリアンなどに合わせる会をやりたいなと考えてはいたのですが、開催できる店がなかったのだ。
持込を承諾してくれるお店を探すのは大変なんですよ。
今回の参加者は20名

料理はコース6品
オードブル、カルパッチョ、サザエ、ピザ、パスタ、肉料理)

出したお酒は7種類9升
料理に合わせて順に
1.亀 泉 純米吟醸生原酒「CEL-24」
2.丹沢山 純米吟醸生酒「しぼりたて」20BY
3.丹沢山 純米吟醸生酒「しぼりたて」19BY
4.百楽門 純米大吟醸生原酒「中汲み」
5.天 明 純米吟醸酒「茶色の天明」ぬる燗、上燗
6.天 明 純米吟醸酒「茶色の天明」を冷で
7.帰 山 純米大吟醸酒「袋搾り」15BY×2本
8.四季桜 山廃純米酒 ぬる燗で

人の嗜好というのはさまざまだなと改めて認識しました。
1が好みの方、2と3で好みが分かれたり、5は燗で美味いといってくれる人がいれば、好みでないという人もいたり、そんな中、4はほぼ全員から高評価をいただきました。サザエに見事に合ったしね。
というわけで1番人気は4の百楽門、2番人気は7の帰山でした。
更新が遅くなってしまい、すでに次回を計画しています。



2008年11月29日 第12回「日本酒を楽しむ会」
第12回日本酒を楽しむ会を11月29日に開催しました。
会場は、鴨宮の料亭門松様。料理は懐石。
我が会は、蔵元さまをお呼びする会ではなく、あくまで自分(当店)主導で、お酒も取り扱い酒を、その開催場の料理に合わせて選択しております。

今回のお酒は全部で9種類
1.獺祭 純米大吟醸生酒遠心三割九分
2.丹沢山 純米吟醸ひやおろし
3.亀泉 特別純米生酒
4.百楽門 純米大吟醸酒16BY(燗で)
5.開運 純米吟醸生酒「山田錦」
6.龍勢 特別純米酒「備前雄町」2本(冷やと燗)
7.百楽門 ひやおろし純米原酒2本(冷やと燗)
8.千曲錦 鑑評会出品大吟醸酒2001
9.千曲錦 鑑評会出品大吟醸酒2000

仕込み水は3蔵1ケースずつ取り寄せ、合計18升
丹沢山の川西屋酒造店様、百楽門の葛城酒造様、千曲錦の千曲錦酒造様

20名の方にお越しいただき、料理とお酒を楽しんで頂きました。
自分自身は、完全な接待役に徹し、一滴も飲んでません。
8,9は味の確認してないから正直飲みたかったです(笑)
いつも、会においてアンケートをお願いしております。
そのアンケートから反省点、改善すべき点を考え、次の機会に生かしているつもりです。
おおむね、参加者皆様から高評価をいただくことができ開催者としてうれしい限りです。
これが次の会へのうれしい糧にもなってます。



2008年8月30日 第4回「本格焼酎を楽しむ会」
今回で焼酎の会単独で4回目、日本酒の会とあわせて通算15回目!
20名の方々にお越しいただきまして本当にありがとうございました。
一つだけ残念だったのは、お呼びするはずだった蔵元のうちの一つ、岩川醸造のK部長から不参加の一報があったことです。
不参加の理由もやむを得ない(ご親族の不幸のために鹿児島に帰省)ことでしたので、しかたない。
でも・・・だけど・・・正直残念でした。
反省点は、開始方法にミスがあって、スタートがうやむやになってしまったこと、それから蔵元の方との交流が一部の席に偏ってしまったことなど、いつもながら運営には至らないことばかりで申し訳ない限りです。
仕込み水も足りませんでしたね、申し訳ないことです。
やっぱし、水も隠れた人気者のようです。
会自体は、大盛り上がりで、皆さんから楽しかったの大合唱に救われた思いです。
一番人気は「おやっとさぁ」でした。
「おやっとさぁ」とは鹿児島の方言で「お疲れ様」「ご苦労様」の意味で「明日もがんばろう」という意味合いから鹿児島ではよく使われています。
地元で愛飲されている芋焼酎なんですが、なぜか関東ではあまり見かけない焼酎です。
地元で最も飲まれてる芋焼酎ベスト3に入るんだけどねー、不思議だ。
次回は第12回 日本酒を楽しむ会を11月初旬〜中旬に行なう予定です。場所は寿司屋もしくは料亭を検討中です。



2008年6月7日 第11回「日本酒を楽しむ会」
今回の会場は、小田原市栢山にある「報徳はつ花」様
料理は蕎麦懐石、合わせたお酒は6種類(8升+4合3本)
お酒は写真の通りで、左から順に出しました。3と5は冷やと燗両方出しました。
1.亀泉  純米大吟醸生酒「貴賓」
2.開運  ひやづめ純米
3.龍勢  特別純米「和みの辛口」18BY
4.天明  無加圧純米吟醸生酒「緑の天明」18BY
5.山吹極 無濾過純米生「中級者向き食中酒」
6.丹沢山 純米大吟醸生原酒35

総勢24名の方々にご参加いただきました。
遠方からの参加者も多く感謝感謝です。(横浜1名、相模原2名、藤沢1名、厚木1名、大和1名)
お蕎麦屋さんでやるのは今回で3回目ですが全て場所が違います。
参加者皆様の笑顔を見ることができた時、今回も成功だったと思える瞬間です。
会においてアンケートを取っておりますが、会を重ねるごとに、反省点が減っていることはいいことだ自負しております。
毎回思うけど、参加者が20名超えると、すごく疲れます。
ただとってもすがすがしい疲労感ですけどね。
次回はお盆明けに第4回本格焼酎を楽しむ会を開催する予定です。芋焼酎蔵の方にお越し願います。



2008年3月8日 第10回「日本酒を楽しむ会」
今年、最初の会は、通算10回目。
会場は、小田原お堀端通りの「松琴楼」様で、うなぎ料理に合わせました。
10回記念ということでお酒も豪華に揃えました。
全7本中、大吟醸2本、純米大吟醸3本!!
総勢18名の方にご参加いただきました。
お酒と料理の相性を考えて、順序を考えましたが、前回に続き今回も満足のいく内容となりました。
(ちなみに、我輩は一切飲んでません、最後のうな重だけ食べました)

やり遂げた後は、さすがに疲労を感じました。
しかしながらそれは大変心地よい疲労感でした。
終わったときの参加者皆様の笑顔がなによりの達成感でした。

今後もがんばって継続していきます。
次回は5月連休明け〜6月が有力です。



2007年11月17日 第9回「日本酒を楽しむ会」
今年最後の酒を楽しむ会を開催しました。
第9回日本酒を楽しむ会を、小田原市国府津の「四季和膳もえり」様にて開催しました。
お座敷数の関係で、MAX15名の参加者でお楽しみいただきました。

出したお酒は8種類 順に☆開運 吟醸酒、☆白瀑 純米ひやおろし、☆帰山 番外超辛口純米生酒、☆丹沢山 純米吟醸ひやおろし、☆亀泉 純米吟醸生酒「全量兵庫山田錦」、☆山吹極 きもと純米無濾過原酒「亀の尾」、☆帰山 壱番純米大吟醸酒袋搾り、☆百楽門 純米大吟醸酒氷温熟成

合わせた料理はコースで、先付け、お造り、宮島焼き(つくね)、温野菜(蒸し物)、煮物、炊き込みご飯&お味噌汁、お新香、デザート
これだけのお酒と料理を、とてもお得な会費にて実施した結果、参加者皆様から大変喜ばれました。
また、今回は、お酒と料理の相性・組み合わせが見事にハマリました。

次回はいよいよ、記念の10回目です。
一風変わった趣向で、開催したいと考えています。検討中なのはイタリアンに合わせる、ステーキに合わせるなどです。おそらく2月〜3月の開催になるでしょう。お楽しみに!



2007年8月25日 第3回「本格焼酎・泡盛を楽しむ会」
今回で3回目の開催、3年連続同じ場所で行いました。
その場所は普段からお世話になっている地元の「彩酒亭 洞」様。
今回は、焼酎の会でははじめて蔵元の方にお越しいただきました 。
泡盛「翠古」の石川営業部長さん(当店担当)にお越しいただきました 参加者は、総勢22名。
毎度のことながら、会を始める際の挨拶はどもりまくりで情けない限りでした(笑)
会自体は、参加された皆様から「この会費でこの宴はお得」や「珍しい焼酎が飲めて楽しかった」などの評価をいただく一方、「会はじまりの焼酎の出し方は考えたほうがいい」、「蔵元の方ともっと話したかった」などのご要望やご意見もいただきました。
会をやるたびになにかしら反省しております。次に生かします!

蔵元の方をお呼びした効果で、対象の泡盛の人気は凄かったです。
その他では、芋焼酎の2種類に人気集中。
全部で9種類+蔵元提供の泡盛1種で計10種類の焼酎・泡盛をご堪能いただきました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
マスターをはじめ、洞のスタッフの皆様、お世話になりました。
次回は、第九回日本酒を楽しむ会です、10月もしくは11月に行なう方向で検討中です。



2007年5月26日 第8回「日本酒を楽しむ会」
5月26日土曜日に、第8回日本酒を楽しむ会を開催しました。本格焼酎を楽しむ会を過去2回やってるので、今回で通算だと10回目でした。その10回目という記念すべき会に、参加者数は過去最多!
これまでの最高人数は前回の23名でした。で、今回は+3名で26名の方々にご参加いただきました。
前回もHARDだったけど、今回はそれを凌駕するVERY HARDでした。まあ充実感・達成感もそりゃ満腹って感じ。
会場は小田原市浜町の「いせずし」様 。
10回記念ということで、持ち込んだお酒も豪華にしましたよ。
全部で8種類10本+仕込み水2種12本。出したお酒、順番
☆亀泉 純米吟醸生原酒CEL-24、☆秀緑 純米吟醸生原酒「緑福助」
☆丹沢山 特別純米生酒「備前雄町六拾」※生酒ですが燗で出しました、☆百楽門 純米大吟醸生原酒、☆丹沢山 純米吟醸生酒「たれくち」、☆山吹極 純米吟醸原酒「出羽燦燦」これを2本(冷・燗)
☆天明 純米大吟醸酒、☆獺祭 純米大吟醸生酒39「おりがらみ」こいつも2本
改めて感じたのは、お酒の嗜好と言うのは十人十色でアンケートにはさまざまなご意見が。
会自体は、大成功と呼べる感じで、主催者として最高の喜びを感じることができました。
さて、次回は、第三回本格焼酎を楽しむ会を8月に開催する予定。
泡盛醸造蔵を一軒お招きして行なう予定 。
飲み物は泡盛だけでなく、本格焼酎も楽しめるように、ご招待する蔵元様と交渉します。



2007年2月24日 第7回「日本酒を楽しむ会」
今会場は小田原駅前・錦通り入ってすぐの「寿庵」(蕎麦屋)
今回は総勢22名の方々にお集まりいただき、賑やかなイベントを開催できてホッとしております。皆様ありがとうございました。
持ち込んだお酒は全部で7種類(うち3種類は2本ずつ)計10本!!
見事に飲み切っていただけて感無量です。
持ち込んだお酒の詳細は次の通り
☆丹沢山(神奈川県) 吟醸生詰酒ひやおろし
☆獅子の里(石川県) 純米吟醸酒
☆山吹極(山形県) 無濾過純米生酒×2本
☆千代むすび(鳥取県) 純米大吟醸酒「八万八百」
☆四季桜(栃木県) 純米吟醸酒
☆百楽門(奈良県) 純米吟醸酒×2本
☆亀泉(高知県) 純米大吟醸生酒「貴賓」×2本
☆仕込み水は、今回は亀泉酒造様に依頼しました。
開催にあたって事前に食事(当日の料理と同じもの)をしておき、料理に合わせるお酒をイメージして選択した結果、参加者皆様からまずまずの評価をいただくことができました。一部、合わないんじゃないかとの批評もありましたが、今後の課題とさせていただきます。
次回は5月連休明け〜6月中に行なう予定であります。



2006年11月25日 第6回「日本酒を楽しむ会」
今回は、はじめて鰻料理に合わせました。開催場所は、小田原市栄町・お堀端通りの「松琴楼」様です。参加者人数15名、なんと見事に男性一色でした。これはこれでいいのですがやはり女性がいないというのは寂しいですね。
お出ししました日本酒は全6種類、出した順に、四季桜の大吟醸生酒、千代むすびの純米吟醸酒ひやおろし「強力」、百楽門の特別純米酒超辛口「冴」、天明の特別純米生酒亀の尾仕込み、丹沢山の純米大吟醸生原酒「播州山田錦35」、天明の特別純米酒亀の尾仕込みです。百楽門と天明(LAST)は燗酒で出しました。仕込み水も用意しました、今回は百楽門の葛城酒造様にお願いして取り寄せました。
料理は、刺身→肝焼き→柳川(鰻バージョン)→白焼き→うな重(肝吸い、お新香付き)。これで会費6,000円は、お得だったと参加者皆様から拍手喝采、主催者としてもうれしい限り。さらにうれしいことに、お出ししたお酒をはじめて完全に飲み切っていただけたのです。これには感無量です。
6回目(焼酎を入れると8回目)にしてはじめて、参加者・主催者である私双方が満足いく会を催すことが出来ました。この先はこの双方が満足する会を継続させていかなければなりません。さて、次回は思い切って、イタリアンに日本酒を合わせようと思案中です。
イタリアンにすれば女性の参加者比率は格段に増えることでしょう。すでに開催場所を模索中であります。
こうご期待。



2006年8月26日 第2回「本格焼酎を楽しむ会」
昨年に続き、夏場に焼酎の会を開きました。
場所も前回同様、小田原市栄町2丁目の「彩酒亭 洞」様で開催しました。
前回の教訓を生かして、1升ビンを減らして、4合ビンクラスを増やし種類もちょっと増やしてみました。12種類の内、写真の右側に隙間を空けて3本ありますが、特別出品酒として他所から仕入れてきました。一升ビンを中心とした9本は当店取り扱い酒です。
全体の内わけは、芋3本、麦2本、米1本、泡盛1本、栗1本、粕取り1本+特別酒3本です。
黒糖がありませんが、選択ミスではありません。もともと当店で取り扱っている黒糖の種類が少なく、通常「彩酒亭 洞」様で飲むことが出来るものばかりだったので敢えて外しました。したがって今回の出品酒はなるべく見慣れないものにしたつもりです。例外はありますが・・・。特に珍品なのは、栗焼酎「栗天照」と芋焼酎「蓬原」だと思います。どちらも会では人気が高かったですよ。今回の参加者は22名で、過去の日本酒の会5回を含めてこれまでの最多の参加者数でした。また女性の割合がいつもよりも多く、賑やかな会となったことは大変喜ばしいことでした。その賑やかで楽しい雰囲気も手伝ったのか、前回よりも参加者皆様の、飲まれるペースが速く量も相当いきました。主催者としては感無量です。
特に人気だったのは栗の「栗天照」、特別酒の「蕎麦和尚」と「国分 純芋」、麦の「月心」、芋の「蓬原」と「千鶴」などですが、どれも量は相当減っていて、今回の選択酒は見事だったと自画自賛してしまうほどです。
ただ反省点がなかったわけではありません。特に反省する点は、焼酎の提供方法にミスがあったことです。皆様が、それぞれ飲みたい焼酎を手にするのに時間がかかってしまったことなどです。他にも反省する面はいろいろありました。今後の教訓・糧とさせていただきます。次回は、秋に「第6回日本酒を楽しむ会」を開催する予定です。



2006年5月13日 第5回「日本酒を楽しむ会」
今回で5回目です。会場は、第1回目(試験的に行なった会[2004年7月])に使わせていただいた、国府津の「四季和膳もえり」様です。今回の参加者は10名と少人数でしたがほとんどが初めての参加者で、私としても新鮮な気持ちで行なうことができました。少人数でしたので参加者同士が初対面にもかかわらずアットホームな雰囲気で開催できたことは幸いでした。
前回とは異なり、それまでの過去の会同様、当店で取り扱っているお酒(銘柄問わず)を楽しんでいただきました。
今回は、今までよりも本数を搾って8本にし、その分出すお酒を充実させました。本醸造以下のお酒は出さず、大吟醸・純米大吟醸を3本出しました。今回の目玉のお酒は、1.8L 10,500円の獺祭の純米大吟醸生遠心23おりがらみ!昨年末に限定入荷したお酒で大事に保管しておいたものです。
冷酒を基本にタイミングをはかって3回ほど燗酒を出しました。燗酒で提供したお酒は、帰山の純米吟醸酒と天明の限定大吟醸「美山錦」、山吹極の純米大吟醸原酒です。後者二つは最初に冷酒で味わっていただき飲み比べてもらいました。
料理のほうも味・量ともご満足いただくことができ、もえり様に感謝、感謝です。
10人で8本ですから空になるビンはなく最後は余ったお酒をご自由にお持ち帰りいただきました。次回は夏をメドに「本格焼酎を楽しむ会」を検討しております。



2005年10月22日 第4回酒を楽しむ会
今回は過去3回と趣向を変えて、蔵元の方をお招きして開催しました。
お呼びした蔵元様は、当店の中心銘柄であり地元でもある「丹沢山」の川西屋酒造店様です。当日は川西屋酒造店様の工場長に来て頂きました。
したがって皆さんに楽しんでいただいたお酒は、丹沢山のみ7種類です。
季節酒の純米吟醸ひやおろし、生酒2本、燗酒2本などさまざまなタイプのお酒を料理とあわせて楽しんでいただきました。
今回の会場は、第2回酒を楽しむ会と同じ小田原市浜町の「伊勢すし」様で催しました。
当日のお客様は18名様でした。
今回は反省点の多い会でした。お酒を出す順番や出てくる料理との相性など事前に考えていた内容と相反する組み合わせになってしまいました。一つの理由にお客様の数に対して1人あたりのお酒の量が少なく、次のお酒を出さざるを得なくなったことです。それにより、料理とお酒の相性に微妙にズレが生じてしまいました。完全な私のミスで皆様に申し訳ないことをしてしまいました。その他の反省点に蔵元様と私の話がかみ合っていないことがありました。私自身、蔵元様をお招きしての会は始めてで戸惑いもありました。
今回の反省点を次回以降の糧とする事をお約束します。



2005年8月23日 第1回「本格焼酎を楽しむ会」
8月23日に、はじめて本格焼酎で楽しむ会を開催しました。以前から検討していたのですがようやく実現させることが出来ました。会場は、トップページにリンクを張ってあります「彩酒亭 洞」様です。
自分もよく飲みにいく場所であり、気さくなマスターと親しくさせていただいている関係で、第1回目はここでやろうと決めておりました。当日は、平日開催しかも火曜日という非常に参加者を募るのに不適当な曜日にもかかわらず15名の皆様にご参加いただきました。
写真は当日の全焼酎です。
焼酎は全て当店で取り扱いのもので全部で11種類(芋4本、麦2本、米、そば、栗、黒糖、泡盛各1本)を楽しんでいただきました。仕込み水は用意できませんでしたが、鹿児島のある問屋様から焼酎専用の割り水を取り寄せ、水割り、水で割って燗などを試していただきました。その他、炭酸水も用意し、各焼酎での炭酸割りもご賞味いただきました。会は大いに盛り上がり初回にしては上出来ではなかろうかと思っております。
予想外なことが一点、2,3本は空くだろうと考えていましたが1本も空きませんでした。
そこで急遽、マスターにクジを作っていただき11本全てを皆さんにお持ち帰りいただきました。
次回は720mlで、もう少し種類を増やそうかな・・・と考えているところです。
11本中、一番人気は、麦焼酎「屯」、二番人気が芋焼酎「タイガー&ドラゴン」でした。後者はホームページ不掲載です、取扱店は限定であり、ネット販売はもとより、掲載も禁止されているためです。詳しく知りたい場合はお手数ですが当店までご連絡ください。



2005年6月4日 第3回「酒を楽しむ会」
今回で3回目の開催です。開催場所は、小田原市本町のそば屋「東喜庵」様です。
当日は我が酒を楽しむ会のために貸切にしていただきました。
今までで最も多く18名の方にご参加いただきました。これまでの3回全てに参加いただいた方は4名です。
さて、お酒ですが今回は、日本酒11種類(五蔵各2種類+特別酒)と梅酒1種の計12本を楽しんでいただきました。五蔵は、丹沢山、天明、四季桜、百楽門、獺祭です。
メイン料理が「そば」ということもあり、濃醇タイプのお酒は出品を控えました。
今回の一番人気は、獺祭でした。
今回も前回同様、燗酒も楽しんでいただきました。
冷酒が中心ですが、適当な時を見計らって4,5回燗酒を楽しんでいただきました。
これは、12本全て冷酒で出しますと、知らないうちに舌が麻痺したり、それぞれのお酒の味わいが分からなくなるためです。この他の対策とて「和らぎ水」を常に手元にご用意いたしました。
「和らぎ水」につきましては、お酒のマメ知識ページをご覧ください。
その「和らぎ水」ですが、天明・曙酒造様の仕込み水をご用意いたしました。
今回も皆様に喜んでいただけたのですが、一つ反省点がありました。
料理が少なかったことです。これは私の運営ミスなので次回以降気をつける所存です。
次回は秋を予定しております。蔵元の方を招いて催す予定です。



2005年2月5日 第2回「酒を楽しむ会」
この会は、2004年夏に試験的に催し、2005年2月5日より本格的にスタートさせました。
会の目的は、私(酒販店)と消費者の皆様とのふれ合いが主目的です。売り手と買い手の立場関係なく、「旨いお酒が大好き」という共通の意識を確かめ合う一つの機会として立ち上げました。
今回は、総勢16名で日本酒と料理を存分にご堪能いただきました。
お酒は、全部で12種類用意し、そのうちの7割で燗酒と冷酒を飲み比べていただきました。
大好評だったのは、天明・大吟醸酒のぬる燗です。
一般的に大吟醸酒をお燗することは考えられないようで、皆様にいい意味でカルチャーショックを受けていただきました。
帰山の純米吟醸古酒のぬる燗もなかなか好評でした。
次回は5月か6月を予定しております。
この先、蔵元見学や蔵元の方を招いての会も検討中です。





戻る