お酒のマメ知識

お酒といっしょに「お水」を飲むと非常に良い!
飲酒による身体への負担を軽減し、次の日に残らなくなります。
また、舌の味覚が鈍らないような効果もあります。
日本酒造組合中央会で正式名称ができました。「和(やわ)らぎ水」といいます。
是非、実践してください。
お酒の弱点って何?
第一にお酒(日本酒、焼酎、ビール、ワインなど全て)は、日光に非常に弱いのです。
お酒を、日光に、2〜3時間当てただけで、本来の味わいは損なわれてしまいます。特に、日本酒の生酒は、わずかな時間でもダメになってしまいます。
紫外線によって、化学変化が起こりやすく、着色物質の反応を高めてしまうからです。
ビンの色によっても光に対する耐久性が変わります。黒ビン→茶ビン→緑ビン→青ビン→透明ビンの順に耐久度が下がります。
第二に、高温や温度変化に敏感に反応します。温度が高いとビン内対流を起こして品質変化(劣化)を促し、お酒に含まれているアミノ酸が変化して嫌な香りを発します。
第三に、振動にも弱いです。
このように、お酒(特に日本酒)は、とてもデリケートなのです。
ご家庭でのお酒の管理方法は?
上記でも述べたように、お酒はとてもデリケートです。
そのため保存管理は重要です。
ご家庭では、冷蔵庫で保管するのがベストです。ただし、1.8Lビンのように冷蔵庫に入れることが不可能な場合が多々あると思います。その場合は、ご家庭で、日光を遮断できる最も涼しい場所で保存してください。新聞紙で覆うと効果大!
なお、飲みかけで保存する場合は、キャップをきちっと閉めて空気が入らないように気をつけてください。そしてできるだけ早く飲みきってください。
「日本酒は臭い」と嫌われる要因は、日本酒本来の酒質より、むしろ保存管理上の問題が大きく影響していることを留意してください。
日本酒の賞味期限?
日本酒の賞味期限を1年と決め付けていませんか。
次年度のお酒が出てくるから、それまでの期限と思い込んでいませんか。
基本的には、賞味期限はありません。しっかりとした保存管理をしていればいつまでも飲むことができます。
食べ物と違って食中毒を起こすことはありません。飲みすぎによるアルコール中毒はありますが・・。
保存管理さえしっかりしていれば熟成させることによって味が変化します。その変化を楽しむのも日本酒の醍醐味といえます。ただし、稀にかえって不味くなる場合もあります。その場合は飲み方を変えることによって解消されることがあります。いつも冷酒で飲んでいたものを燗酒で試してみるなどです。
まあ、一概に熟成といっても上手に熟成させるのは難しいので信頼できる酒販店を見つけて教えてもらうのが一番です。沢山飲み慣れることによって自分で判断ができるようにもなります。
日本酒の健康効果
1.日本酒には抗酸化作用をもつ物質が含まれていて、老化を防止します。
2.健忘症や痴呆症に効果がある、『s−アデノシルメチオニン』という物質が豊富。
3.ストレス性潰瘍の発生抑制効果が、アルコール飲料の中で最も優れている。
4.癌発生を抑制します。
 ※国立水俣病センターの報告によると、「日本酒をよく飲む地域では、ほかの地域に比べて肝硬変や肝臓癌による死亡率が低い」ということです。
 ※しかし、飲みすぎが習慣になっている場合は、肝臓への負担を強い、逆に、癌発生を促進してしまいます。
5.酒粕には、食物繊維が豊富に含まれています。 
など、まだまだたくさんあります。
                 参考文献「うわさの名酒200選」(講談社)
日本酒の飲み方の種類
日本酒の飲み方は冷酒または燗酒がもっともポピュラーです。しかし、それ以外にもそのまま常温で飲んだり、燗酒をあえて冷まして燗冷ましで飲む方法、焼酎のようにロック・水割り・お湯割りで楽しむことも可能ですし、にごり酒ならば炭酸割りも可能などさまざまな飲み方があります。
また、単純に冷酒・燗酒といってもそれぞれ1種類ではありません。燗酒もぬる燗と熱燗だけではありません。
全て飲用温度帯によって次のように分かれております。
冷酒は3段階で、雪冷え(5℃以下)・花冷え(10℃以下)・涼冷え(15℃以下)燗酒は、なんと6段階で、日向燗(30℃前後)・人肌燗(35℃前後)・ぬる燗(40〜45℃)・上燗(45〜50℃)・熱燗(50〜55℃)・飛びきり燗(55℃以上)となっており、全てのお酒に一番の飲み頃温度帯があります。
以前はタブーとされていた、生酒の燗や大吟醸酒の燗も最近では一つの飲用方法として認識されつつあります。
燗酒=安いお酒は、大きな間違いです。
お酒を燗する飲み方が始まったのは、古くは平安時代からといわれています。
江戸時代中期以後には、燗酒は一般的となり、現在とは異なり冷酒で飲むことは、「やや下品だった」らしい。
では、なぜ現在、燗酒=安酒となったのか。
それは、地酒ブーム〔中でも吟醸酒ブーム〕によって、「吟醸香の高いお酒を冷酒で味わう」風潮がことごとく広まり、それまでお酒の主流だった普通酒を「こんな安酒、燗にしなきゃ飲めない」という便宜的な扱われ方が定着してしまったからです。
日本酒ほどいろいろな飲み方ができるお酒は他には皆無といっても過言ではありません。
冷酒、常温、ぬる燗、熱燗などさまざまな温度帯で楽しむことができるのが日本酒です。
同じ日本酒でも冷酒と燗酒では、全く別の味わいが楽しめます。燗酒においては、温度を少し変えるだけで違う味が楽しめるのです。つまり、燗酒をする習慣を身につければ、日本酒を飲む楽しさは倍増するのです。
いろいろな料理に合わせやすいことも燗酒の優れた点です。
燗酒のメリット
疲れ(精神的ストレス)によく効く癒しのお酒=アロマテラピーに似た効果ある。
燗酒は、冷酒に比べて嗅覚への作用が高いといわれています。まず香りの微細成分が、鼻から脳に達し緊張を解きます。その香りが、全身にゆきわたることによってリラックスを促し、最終的に疲労を和らげる効果があります。香り成分は皮膚からも浸透します。
 ※上記は日本酒を浴槽に入れた「酒風呂」が美容にいいといわれている理由でもあります。
燗に向いているお酒
味わいが濃醇なタイプ=一般的には純米酒・本醸造酒(特に生もと造り・山廃造りのお酒)・熟成酒・古酒は燗に向いています。

お燗についての注意点 
お燗するときは、ご面倒でも必ず湯銭でお願いします。湯銭が最も美味しく飲めるからです。間違っても電子レンジで温めないでください。なぜか?→ツンと鼻に衝く嫌な香りを伴うからです。
酒造好適米と精米歩合
酒造好適米:清酒醸造に適したお米のことで、「大粒である」・「米の中央部にある白色不透明な部分[心白]が大きい」・「たんぱく質及び脂質が少ない」・「給水率が良い」などの特別な検査基準をクリアしたものです。
代表的なのは、「山田錦」「五百万石」「美山錦」「雄町」「若水」などです。

精米歩合:精米後の白米重量を精米前の玄米重量で割って100を掛けた数値です。
精米歩合60%とは、玄米の表層部を40%削りとったことを意味しています。
日本酒度とは?
甘口辛口を判断する目安になる数値です。−が甘口、+が辛口とされています。
現在の日本酒全体においての平均値は、+傾向で、おおむね±0〜+2ぐらいまでを中口と考えてください。+8以上を超辛口と呼んでいます。しかし、この数値は目安でしかありません。アルコール度数や酸度も甘辛を判断する上で欠かせない数値です。−5のお酒も酸度やアルコール度が高いと、辛口酒にもなりえます。また、個人差もあるので、参考材料としてお考えください。
酸度とは?
味の濃淡を判断する目安です。お酒には、「コハク酸」「リンゴ酸」「乳酸」などの酸が含まれています。その量の多寡によって味わいのタイプが変わってきます。お酒が造られる製法によって違いますが、一般的には、1.2ぐらいが平均で、1.5を超えると味わいは濃醇になります。数値が高まるほど直接的に酸を感じます。
指標として、1.5を境に低ければ「淡麗型」、高ければ「濃醇型」とお考えください。
生酒・生詰酒・生貯蔵酒の違いって?
生酒:全く火入れをおこなわないお酒で、非常に劣化しやすいため冷蔵保存が必須です。
生詰酒:貯蔵前のみ火入れをおこなうお酒のこと。これも要冷蔵酒です。
生貯蔵酒:瓶詰め前のみ火入れをおこなうお酒のこと。冷蔵保存が望ましいが、陽のあたらないすずしい場所でも保存可能なお酒です。

※火入れ:火落ち防止のための殺菌と貯蔵中の品質劣化を防ぐために酵素を破壊するのが目的。 60〜65℃で加熱します。


戻る